HOMEへ 留学をお考えの方へ  |  出願する方へ  |  教育機関・企業の方へ  | 
大学の紹介 各種コース紹介 学部課程&大学院 大学での生活 入学案内
大学の紹介   HOMEへ
- 大学の歴史
- 大学の特徴
- 教育水準(QAA)
- 研究水準(RAE)
- 各種統計
+ キャンパス案内
- キャットヒル・キャンパス
- ヘンドン・キャンパス
- エンフィールド・キャンパス
- トレント・パーク・キャンパス
- ニューサウスゲート・キャンパス
+ 留学体験談
 

大学の歴史

ミドルセックス大学(ロンドン)は1992年より大学としてイギリス政府に認証されています。そもそもの大学の母体はPolytechnicであり、1973年にEnfield College of Technology、Hendon College of Technology、Hornsey College of Artの3校が合体し、1つの教育機関として設立されました。

ミドルセックス大学(ロンドン)の起源は、19世紀までさかのぼることができます。後に今は、Tottenham CampusであるCollege of All Saintsの一部となったSt Katharine'sは1878年にその門戸を開きました。また、後にCat Hill Campus として移転されたHornsey College of Arts and Crafts は1882年に初めて学生を迎えました。

おおよそ100年後にあたる1974年までには、Middlesex Polytechnicは950エーカーの緑地に設立されたTrent Park Campusを含む、15もの敷地を有するようになりました。20年にわたる主要なPolytechnicの1つとしての活動、またその明確かつ包括的な教育機関としての評価を得て、1992年にPolytechnicから大学に昇格しました。今日、ミドルセックス大学(ロンドン)は英国国内における高等教育において、革新の最先端に位置しています。


ページトップへ
| サイトマップ | 出願窓口 | 個人情報の取扱いについて | このサイトについて | お問合せ | イベント情報 |
Middlesex University Japan Office
Copyright © 2008 beo All Rights Reserved.