HOMEへ 留学をお考えの方へ  |  出願する方へ  |  教育機関・企業の方へ  | 
大学の紹介 各種コース紹介 学部課程&大学院 大学での生活 入学案内
大学の紹介   HOMEへ
- 大学の歴史
- 大学の特徴
- 教育水準(QAA)
- 研究水準(RAE)
- 各種統計
+ キャンパス案内
- キャットヒル・キャンパス
- ヘンドン・キャンパス
- エンフィールド・キャンパス
- トレント・パーク・キャンパス
- ニューサウスゲート・キャンパス
+ 留学体験談
 

留学体験談


池田 大輔さん
BA Honours Product Design


ロンドン郊外のキャンパスで、家具のデザインから製作までを学んでいます。私のとっているコースは8〜9割がイギリス人学生なので、 ロンドンのほかのデザイン系コースに比べると留学生が少ないかもしれません。授業は少人数制で行われ、個人指導とプレゼンテーションに力が入れられています。

企業とのコラボレーション - 自分の作品が商品化!

このコースの一番の魅力は、企業との共同制作で、自分の作品をアピールできるチャンスがあることです。企業とのコラボレーションが頻繁で、 学内でのコンペに勝つと自分の作品が商品化されたり、仕事のオファーがもらえたりすることです。私も以前コンペに勝ち、自分のデザインした椅子が商品化されました。ツーウェイチェア、その名のとおり、逆さにしても使用できます。(写真参照)

その課題とは:椅子デザイン (ただし条件として:一種類の素材のみを使用・接続器具を用いない・表面仕上げナシ・一工程)


アート&デザイン留学- そして今後の目標
ミドルセックス大学での勉強は、日本にいるときには気づかなかった、限られた時間を自分でコントロールする難しさや、自主性の大切さを、私に学ばせ、実践させてくれました。 企業との連携プロジェクトでは、最初のコンセプトの段階から制作終了まで3ヶ月。締切期限までに制作を完了させるための時間配分や自主性を養うことで、 クリエイティブ業界で働くための、とてもよい準備になったと思います。 今、大学卒業を控えていますが、今後は家具デザイナーとして日本で活躍したいと思っています。

イギリスのアートデザインやデザインコースでの勉強は非常にハードです。よく言えば自主性を重視した教育、しかし、 裏を返せば放任主義とも言えます。この環境でうまく自律することができれば、イギリス留学はきっと成功につながると思います。

 プロダクトデザインのページへ

 留学体験談トップへ

ページトップへ
| サイトマップ | 出願窓口 | 個人情報の取扱いについて | このサイトについて | お問合せ | イベント情報 |
Middlesex University Japan Office
Copyright © 2008 beo All Rights Reserved.