HOMEへ サイトマップ  |  日本事務局  | 
大学の紹介 各種コース紹介 学部課程&大学院 大学での生活 入学案内
大学での生活   HOMEへ
+ 宿泊施設
- 滞在先について
- エンフィールド
- ヘンドン
- トレント・パーク
- ウッド・グリーン
+ 大学の設備・サービス
- 留学生
- 学生生活
- 学生自治会
- 学生サポート
- 図書館
- コンピュータ
- スポーツ
 

滞在先について

● 住む場所を見つける(Finding Somewhere to Live)

ミドルセックス大学(ロンドン)に在学中は、学生寮に住むか、学外の賃貸の部屋を探すか、を選択することになります。必要に応じて、スタッフからのアドバイスやサポートを受けることができます。

● 学生寮に住む(Living in Halls)

入学意思を確認直後、Somewhere to Liveというパンフレットが送付されます。これにはAccommodation Registration Formが含まれていますので、学生寮を希望する場合は、できるだけ早くこの申し込み用紙を返送してください。年度始めからミドルセックスでの生活を始める留学生には、学生寮に入れることが保証されています。ただし、この場合年間を通して在学する留学生のことを指します。また、所定期間内に Registration Form が提出されることも必要です。

● 賃貸の部屋に住む(Private Rented Accommodation)

大学の寮に住むほかに、一般の賃貸物件を利用するという選択もあります。これには、Lodging という個人の家庭で一部屋を借りて住む、いわゆる間借りのようなものや、一軒家やフラット(主にシェアをするタイプのアパート)を学生同士でシェアするといったことがあります。ミドルセックス大学(ロンドン)のPrivate Rented Accommodation Officeでは、物件を紹介したリストをコンピューター化して提供しています。こういった情報やアドバイスは、学生がミドルセックスに来る前から受けられ、その後も年間を通して提供されます。

● 短期間の滞在場所(Temporary Arrangements)

ミドルセックスに到着する際は、必ず、最低数日間の滞在場所を用意しておいて下さい。もしロンドンに友人や知人などがいる場合は、住む所を探す間、少しの間仮住まいさせて貰えると良いでしょう。大学ではホテル、ゲストハウス、ホステル等のリストも提供しています。

● 在学中の住まい(Accommodation)

ロンドンは24時間常に、様々な社会的、文化的、そして教育的な出来事で溢れています。この大都市ロンドンは、あなたが学ぶ地として、大変刺激的な魅力ある街と言えるでしょう。ミドルセックス大学(ロンドン)のキャンパスと学生寮はすべて、ロンドン中心地から地下鉄や主要鉄道で一時間以内に位置します。留学生はミドルセックス大学(ロンドン)で勉強を始める前に、まずは在学中の住まいを探すことが大切です。そこで、Middlesex University Accommodation Services があなたのお力になれることでしょう。

大学寮はキャンパス内か、通学に便利な大学近郊に位置します。賃貸の住まいも多数の中から選べます。


ページトップへ

● 近代的な大学施設(Modern University Facilities)

  • 自炊用の一人部屋が13棟の大学寮に分かれており、収容学生数は計2,400名です。
  • 施設の内容は様々で、バスルームとキッチンを皆で共用する伝統的な学生寮タイプの部屋(600部屋)や、一般のシェア・フラットの様に、数部屋が一つの共用キッチンとダイニングを囲んで配置された、近代的な様式の寮(1,800部屋)等があります。
  • En-Suite(シャワーとトイレ付)の部屋を備えた寮もあります。各寮には管理人が置かれ、それぞれITネットワークへアクセスできる設備を備えています。

● 学生寮(Halls of Residence)

当大学は、現在13棟の建物で合計2,400部屋の個人部屋を用意しています。一口に学生寮と言っても様々で、バスルームとキッチンを皆で共用する伝統的な学生寮タイプの部屋の他、数部屋で一つの共用スペース(キッチン・ダイニング)を囲むようなフラット式の寮もあります。こういったフラットの中には、シャワーとトイレが付いたEn-Suiteの部屋もあれば、バスルームをシェアするタイプもあります。すべての寮は自炊用ですが、各キャンパスにはダイニングホールがあります。

● サポートと情報提供(Help and Information)

正式に入学許可を受けると、在学中の住まいに関する総合ガイド メSomewhere to Liveモ が送付されます。その中の Registration Form は学生寮の申し込み用紙として使うか、または個人の賃貸物件を探す際のサポートを要請する為に使うこともできます。Private Rented Accommodation Fair が Trent Park Campus にて9月初旬に開催されます。ほかの学生達に出会い、友達になる良い機会ですし、今後のハウスメイトを見つけるきっかけともなるかもしれません。

● 賃貸の住まい(Private Rented Accommodation)

大学外で部屋探しをする場合もスタッフのサポートが受けられます。賃貸物件の貸主のリストを提供している他、ハウスやフラットシェア、家庭の中で一部屋を借りて住むロジング(lodging)等の紹介も行っています。大学では、Barnet 地区や Enfield 地区の当局と提携して一般の賃貸物件の品質を管理しています。こうして、規定の水準を満たす個人賃貸物件が認証される仕組みになっています。


ページトップへ

● 留学生(Students from Overseas)

9月の新学期に入学し、少なくとも1年間はミドルセックス大学(ロンドン)にて勉学する予定の場合は、自動的にキャンパス内の学生寮か、または大学付近にあり便利な学生寮に入ることができます。昔ながらの学生寮かあるいは近代的なアパート形式の寮かを選ぶことができます。個室にシャワーとトイレがついている寮も多くあります。

学生寮ではイギリス人学生はもちろん世界各国から来た留学生とともに暮らすことになります。寮には、たいてい個室のほかに共同で使用する自炊用のキッチンやダイニングルームがついています。

希望すれば地元にある民間の賃貸アパートやホームスティをアレンジすることも可能です。大学では、学生が暮らしやすい場所を見つけるお手伝いをしています。

● 留学生の場合(International Overseas Students)

9月の新学期に初めてミドルセックス大学(ロンドン)に来る留学生の場合、1年目(39週間と6日間)は学生寮に入ることが保証されます。

● すべての学生に関して(All Students)

できるだけ所属学部のメインキャンパスに最も近い寮を割り当てるようにしています。大学では可能な限り、ご希望に添えるよう努力していますが100%の保証はできません。まれに違うキャンパスの寮を割り当てられることもありますがご了承下さい。

クレジットカードでデポジット(保証金)を支払う場合は、契約終了時にクレジットカードの引落口座にデポジットを返金します。この場合、かなり迅速にデポジットを返却することができます。

学生寮の部屋の割り当てが完了する前に、受領した小切手を取立てたり、クレジットカードからデポジットを引き落としたりすることはありません。万が一、部屋を割り当てることができなかった場合には、200ポンドの小切手は返却いたします。

● オリエンテーション(Introductory Programme for Overseas Students)

9月の新学期にミドルセックス大学(ロンドン)に到着し、初めて英国で生活をする留学生は、Introducing Britain というプログラムに参加します。このプログラムは、ミドルセックス大学(ロンドン)への留学を歓迎し、ロンドンでの生活を紹介するためのものです。プログラムの詳しい内容と申込用紙は、ミドルセックス大学(ロンドン)に入学を許可された学生全員に送られることになっています。


ページトップへ
| 個人情報の取扱いについて | このサイトについて | お問合せ | イベント情報 |
Middlesex University Japan Office
Copyright © 2008 beo All Rights Reserved.