HOMEへ サイトマップ  |  日本事務局  | 
大学の紹介 各種コース紹介 学部課程&大学院 大学での生活 入学案内
大学での生活   HOMEへ
+ 宿泊施設
- 滞在先について
- エンフィールド
- ヘンドン
- トレント・パーク
- ウッド・グリーン
+ 大学の設備・サービス
- 留学生
- 学生生活
- 学生自治会
- 学生サポート
- 図書館
- コンピュータ
- スポーツ
 

学生生活(Student Life)

● ヘルス・ケア(Health Care)

国民健康保険(National Health Service):海外からの学生であるあなたには、ミドルセックス大学(ロンドン)での勉強を始める前に、健康診断を受け、持病のある場合は適切な処置を受けておくことを強くお勧めします。処置が必要な既存の症状については、英国の国民健康保険(NHS)の規約上、無料で治療を受けることが出来ない恐れがあるからです。

6ヶ月以上のプログラムに参加する場合、登録を行えばNHSを利用して治療を受ける資格が与えられます。医師への相談や病院での治療は無料で利用できます。また、現在の処方箋料は一種類の薬につき6.10ポンドです。薬を長期間服用する際は、前払い証明書(prepayment certificate)を購入した方が経済的かもしれません。収入が低い場合は、無料で処方が認められることもあります。NHSに関するパンフレット(Leaflet P11 NHS prescriptions ミ how to get them free)は郵便局で入手でき、詳細や申し込み用紙が含まれています。

6ヶ月以内のプログラムに参加する場合、病気の際の治療費を保証する民間の医療保険に加入することを検討して下さい。国によっては英国との相互協定があり、6ヶ月以内のプログラムに参加する場合でもNHSの治療を受ける資格が与えられていますが、全ての国とこの協定が結ばれているわけではありません。渡英前にあなたの国にあるブリティッシュ・カウンシルのオフィスで調べてみて下さい。

英国に到着後出来るだけ早く地元の医師に登録を行って下さい。医師は一般開業医(general practitioners, GPs)とも呼ばれています。

● 食について(Eating and Drinking)

ロンドンやその郊外では、世界のあらゆる国の料理が味わえると言えるほどの商店やマーケット、レストランが存在しています。地元の屋外マーケットでは安く買い物ができ、値段は商店やスーパーマーケットよりも一般的に安くなっています。また、夕暮れ時には売れ残った商品が値引きされることもよくあります。

慎重に選べば、外食は比較的安く済ませることができ、自炊とは違う楽しみが味わえます。パブは伝統的に人々の集う場所であり、その多くでは温かい食事やサンドウィッチをビールやワイン、様々なアルコール類やソフトドリンクとともに楽しむことができます。パブでは必ずアルコールを飲まなければいけないとは思わないで下さい。パブは人々が集い、社交的な付き合いを楽しむ場所なので、ソフトドリンクを飲みに行っても、同じように歓迎されます。多くのパブではコーヒーも味わえます。飲み物や食事はカウンターで注文し、注文の際に会計を済ませます。パブでチップを渡す習慣はありません。営業時間は通常午前11時から午後11時です。
テイクアウト可能な料理は通常安く、英国の誇る伝統料理であるフィッシュ・アンド・チップスやハンバーガー、ピザなどを始めとした世界中で好まれている料理が味わえます。また、カレーも実は英国の国民食ですので、是非試してみて下さい。


ページトップへ

| 個人情報の取扱いについて | このサイトについて | お問合せ | イベント情報 |
Middlesex University Japan Office
Copyright © 2008 beo All Rights Reserved.